らんちゅう丸玄トップイメージ

らんちゅう・メダカ・高級金魚・錦鯉など、上物水生生物の販売・通販は、らんちゅう専門店【らんちゅう丸玄】

HOME»  めだかビオトープ

ビオトープ 金魚やめだかの環境問題


 

環境って?

子供に環境って何?っと質問され、うまく説明出来なかった事はありませんか?

私たち人間と同じようにメダカや金魚にも快適な条件があります。
温度・気候(気圧)・食料・ストレスの無い空間・などなど・・・・
これらを理解し探求していく事がめだかビオトープの楽しみであり、意義だとおもいます。


 

水の条件


温度
 活動しやすい温度は25℃前後ですが、多少の寒暖が無いと短命になります。

スペース
 小さい魚は集団行動が大好きなので、集団で自由に動ける広さが必要です。

酸素
 水草の光合成による酸素供給が最適です。

水質
 人間と同じくメダカや金魚も悪い菌を絶えず持ってます。
 最適な水質はこれらの菌の繁殖を抑える(天敵)菌が適度にあることです。

外敵について

 主な外的は、鳥・水生こんちゅう(やご、たがめ、ゲンゴロウなど)・大きな魚・病気です。
 多産な生物は、みな隠れたり、紛れたりすることで身を護りますが
 めだかも同じように隠れるところが必要になります。
 自然では、水草の影や岩陰に隠れて身を護っています。

 また病気については、水道水のカルキを抜いただけの綺麗な水より
 ある程度、病気を駆除する菌(バクテリア)の存在する水の方が病気になりにくいです。

おススメな飼育環境

 カルキ抜きした水
 水生植物
 広いスペース(1匹に対して1リットル以上)

 これだけです。

 

飼育環境の役割

 魚は餌や水中のプランクトンを食べながら糞尿(アンモニア)を排泄します。
 水中のバクテリアは、糞尿(アンモニア)を餌とし、亜硝酸(窒素化合物)に変化させます。
 水中植物の根につくバクテリアは亜硝酸を餌とし、植物が取り入れられる窒素化合物に変化させます。
 植物はその窒素化合物と太陽光で光合成を行い成長し、昼間は酸素を水中に放出します。
 この酸素を利用し、メダカや水中のプランクトンは成長します。
 このバランスを最適の状態で維持することが必要です。

 単純な仕組みですが、最適な状態で維持するのは難しいです。